子どもが野菜を食べない時の3つの対処法【無理に食べさせないことが大切です!】

子どもが野菜を食べないイメージ

「子どもが野菜を食べてくれない・・・」

このように悩むお母様はとても多いです。野菜を食べなくても大丈夫なのか不安ですよね。

しかし、子どもが野菜を食べないことには理由があります。

けっしてお母さんが悪いわけではないんです。

子どもが野菜を食べない時の対処法と食べない理由を詳しく解説します。

子どもが野菜を食べない時の対処法

子どもが野菜を食べないイメージ

対処法1 無理に食べさせない

子どもが野菜を食べないからと言って、無理に食べさせてしまうのはNGです。

無理に食べさせられると子どもは当然嫌がりますよね。

すると、「野菜」=「嫌なイメージ」という悪循環に陥ってしまうんです。

野菜を無理に食べさせてしまうと、さらに野菜のことを嫌いにしてしまいます。

子どもが野菜を食べない場合でも無理に食べさせないように注意しましょう。

対処法2 食べられる野菜をメインで用意する

無理に食べさせない代わりに「子どもが食べられる野菜」をメインで用意してあげることがおすすめです。

無理に食べさせると「野菜」=「嫌なイメージ」になりますが、それを逆手にとればいいんです。

つまり、「野菜」=「良いイメージ」に変えてあげましょう。

子どもが食べられる野菜を用意することで、子どもは当然食べられます。

そこで大切なのが「しっかりと褒めること」です。

「野菜を食べられて偉い!」と褒められることで子どもは野菜に良いイメージを持ってくれるようになります。

食べることができる野菜から徐々にイメージを変えていくことで、野菜嫌いを克服しましょう。

対処法3 足りない分は野菜ジュースなどで補う

子どもが野菜を食べないと「栄養の偏り」が不安ですよね。

その場合は、野菜ジュースなどで補ってあげてください。

野菜ジュースすら苦手な場合は栄養補助食品などでもOKです。

無理に野菜を食べさせるのではなく、「しっかり栄養がとれればOK」という気持ちで過ごすことがかえって良い結果になります。

子どもが野菜嫌いなのはなぜ?実は当たり前のことなんです

子どもが野菜をまずいと感じるイメージ

子どもの野菜嫌いは当たり前

子どもが野菜嫌いなのは実は当たり前なんです。

あなたのお子様だけではないんですね。

野菜嫌いになる理由は「人間の本能」にあります。

ヒトが味を感じる仕組み

少し専門的な話になりますが、私たちが食べ物を味わう時には次の5つの味を感じています。

  • 甘味
  • 旨味
  • 塩味
  • 酸味
  • 苦味

ヒトはこれらの味を、口内や舌にある「味蕾(みらい)」という器官で感じとっています。

本能的に嫌いな味がある

そして、本能的に

  • 甘味
  • 旨味
  • 塩味

は「食べるべき味」として、

  • 酸味
  • 苦味

は「避けるべき味」として認識します。

  • 「甘味」は「炭水化物などのエネルギー源」
  • 「旨味」は「魚などに含まれるタンパク質」
  • 「塩味」は「食物に含まれるミネラル」

を知らせるため、生きる上でとても大切です。

しかし、

  • 酸味は「腐った食べ物によくある味」
  • 苦味は「毒がある食べ物によくある味」

として、危険を避ける意味合いが強いです。

子どもが野菜嫌いなのは「食経験」が少なく、本能に従ってしまうから

安全な食生活を送ることができる現代においては苦味や酸味があっても、栄養価が高い食べ物が多くあります。

しかし、まだ食の経験が浅い子どもは、本能的に「酸味」や「苦味」を危険な味と認識してしまうんです。

野菜嫌いは時間経過で解決する

野菜嫌いの本質的な原因は「食経験が少なく、本能に従ってしまうこと」です。

だから、多くの場合の野菜嫌いは食経験を重ねることで解決することができます。

焦って無理やり食べさせてしまうと、心理的に野菜が嫌いになってしまいます。

まずは食べられる料理から、いろんな食経験を体験させてあげてください。

でも、今の栄養もとても大切!

栄養たっぷりの野菜のイメージ

野菜ジュースなどで補ってあげることが大切

食経験で野菜嫌いを克服できるとはいえ、今の栄養バランスもとても大切です。

栄養不足だと体調不良になりやすくなったり、成長や発達に支障をきたす恐れもあります。

野菜嫌いで栄養に不安がある場合は、野菜ジュースなどで補ってあげることが大切です。

野菜ジュースはNG!?本当におすすめなのは「フルーツ青汁」です

子どもが野菜を食べない時の対処法

栄養補助のために野菜ジュースよりもさらにおすすめなのがフルーツ青汁です。

フルーツ青汁の方がいいのはなぜ?

野菜ジュースはあくまで「ジュース」なので、使っている野菜に偏りがあったり、補給できる栄養に限りがあることが多いです。「ほとんどニンジンジュース」という野菜ジュースも多いですよね。

しかし、フルーツ青汁は「野菜不足解消」のために開発されています。そのため、フルーツ青汁は子どもの栄養不足解消のためにピッタリの方法なんです。

フルーツ青汁がおすすめな理由はもう1点あります。

それは、普通の青汁と違ってフルーツが入っている分、びっくりするほど美味しいこと。

野菜嫌いのための栄養補助ドリンクが「美味しくない」と飲めなかったら本末転倒ですよね。継続的な栄養補助のためにも「普通の青汁」ではなく、「美味しいフルーツ青汁」をおすすめします。

栄養の摂りすぎが心配な方のために、今は子どもの栄養に合わせて設計された「子ども用フルーツ青汁」も発売されています。

お菓子のように美味しいのに栄養満点!当サイトイチオシの子ども用フルーツ青汁

ノビルンフルーツ青汁

イチオシの子ども用のフルーツ青汁が「ノビルンフルーツ青汁」です。

子どもの野菜嫌いにノビルンフルーツ青汁

『ノビルンフルーツ青汁』は子ども専用に設計されたフルーツ青汁ですが、特徴は「タブレット」であること。

何かに混ぜたり片づける手間もなく、フルーツミックス味でラムネ菓子のように食べられます。

ノビルンフルーツ青汁の特徴
  • 1日たった2粒でOK!
  • 九州産の大麦若葉
  • 21種類の野菜16種類の果物
  • EC-12乳酸菌200億個配合
  • 保存料・着色料不使用
  • 安心の国内工場で製造

たった2粒食べるだけで、野菜不足をカバーできるのでとても安心ですよね。

「青汁って子どもにはマズそう…」と思っている方こそ、試していただきたいです。

>>ノビルンフルーツ青汁公式オンラインショップ

まとめ「野菜嫌いは無理に直さなくてOK!ただし、栄養不足には要注意!」

食経験が少ない子どもは本能的に野菜嫌いになってしまうもの。そのため、無理に野菜嫌いを克服しようとしなくてOKです。

じっくりと楽しい食経験を重ねさせて上げてください。

ただし、野菜不足による栄養不足には要注意。

栄養不足は

  • 子どもの体調が崩れる可能性がある
  • 発達に支障をきたす恐れがある

とデメリットばかりです。

すぐに影響はありませんが、影響に気づいた時には遅いです。

お子様が野菜を食べなくて偏食気味だなと感じられている場合は、子ども用のフルーツ青汁などでしっかり補ってあげてください。

今の食生活がお子様の将来の体をつくります。